【創造力を爆発させろ】

 

新しいをビジネスを創るためには、それを考え出す力がまず必要です。

その考えがなければ、それを生み出そうとの発想が起こりません。

でもそれだけでは不十分です。

大切なのはそれを実行する着手力、行動力、それを実現して行く突進力、継続力。

いくら居酒屋で、これからの時代は・・・、これからのビジネスは・・・。

そう語り合っても、もそれを行動に移さなければ何も実現できません。

 

【やってやるって!】

 

世の中のビジネスマン、言うだけで行動しない人が圧倒的に多いような気がします。

私もその傾向があるので、日々反省しています。

自社の不効率、弱みに気づいたら、それを補う方法を考えて、それを変革する。

愚痴だけ言っても何も変わりません。

世の中、言うだけで一切着手しないことが圧倒的に多いような気がします。

他愛のないアイデアを全て行動に移したら、そこに投じる資金と工数を、そこから生み出す収益で埋めるのは困難でしょう。

でも、世の中、やって見なければわからないことが大半で、やって見ることで新たな発見が生まれ、それをブラッシュアップすることで面白いビジネスが生まれていくものだと思うのです。

しかし、そのビジネスが効率が悪いと判断すれば、それをやめる決断力、行動力。

サンクチュアリ(=既に費やした工数はコスト)に対して、損切りする勇気と、それで失う面子に執着しない機敏なポジションシフト。

それがないと、折角の発想力、着手力、行動力が仇になって、その企業が消滅してしまいます。

でも、まず中小企業に圧倒的に不足しているのは、着手力、行動力だと思うのです。

機械工具商の新しいあり方。日本の中小企業の新しいあり方。

そんな発想をお客様と共有しながら、面白いビジネスを生み出して行きたいと思います。

世の中の一般的な機械工具商は凡庸過ぎて、保守的過ぎて、面白くない。

私は常々そう感じます。

 

【上からドン!出る杭は打たれる!】

 

当社が新規開拓に懸命に取り組むと、メーカーさんに圧力を掛けて、当社の動きを封じようと裏工作を画策します。

機械工具商同士が切磋琢磨することで、効率化や、新しいビジネスモデルが創出されると思うのですが、大半の工具商さんは、過去の商権を主張をすることにしか関心がありません。

裏工作するよりも、お客様の方を向いてビジネスを変革することに力を注ぐべきだと考える私には、理解できない行動なのです。

私は、同業他社が頑張っているのを見ると、私も頑張らなければと、その気持ちが奮い立ち、そう思わせてくれた同業他社さんに感謝する気持ちになるのですが。。。

お客様は機械工具商の所有物ではありません。

どこから買うのも自由なのです。

当社は、お客様から選んでいただけるために、ビジネスモデルを進化させることに全力を注ぎます。

アイデアを次々と生み出し、それを着手して、進化させ、新しいビジネスを創出していきます。

 

【現実を直視する!】

 

facebook、創業2004年。

amazon、創業1994年。

楽天さん、創業1997年。

ソフトバンクさん、創業1981年。

apple、創業1976年

大半の中小企業よりも歴史が浅い企業です。

当社の創業は1976年。

apple社と同じ創業年。

急成長するIT企業と比較しても虚しくなるだけですが、でも、彼らが優れているのは、抜きん出たアイデア力と、決断力、行動力、そして、それを効率良くオペレートする推進力なのだと思うのです。

 

【俺は俺のやり方で時代を築く!】

 

我々の世界とは異なる世界だと考えれば、それで終わりでしょう。

でも、行動すれば、1 / 100,000ぐらいは実現できるのではなかろうか。

そう思えば、行動するエネルギーが湧き出してくるのです。

是非、一度、100分間程度のプレゼンの時間を戴きたく思います。

宜しくお願い申し上げる。

 

 

 

 

 

 第一産業株式会社 阿部孝博
 第一産業株式会社 阿部孝博